So-net無料ブログ作成

銀次のこと [病気、怪我]

今日で3月も終わり、4月からは年度も変わります。

銀次が亡くなってからもうすぐ1ヶ月。
その間にもいろいろなことがあって
銀次に対する気持ちもずいぶん落ち着きました。

銀次のこと。

昨年12月13日に胸水が溜まり
FIPと診断されましたが水を抜いていただいた後
ほぼ2ヶ月元気に普通に過ごしているように見えました。
症状がない間もステロイドなどの投薬と
インターフェロンの注射は続け
栄養価の高いごはんを食べていました。

2月の上旬に発熱し、水が溜まり始めていることがわかり
2月12日2度目の胸水除去処置をしていただきました。
P2120049g.JPG

P2150074g.JPG
2月15日撮影

それから半月ほどで再び発熱。
神経症状が出てきて歩き方がおかしくなってきました。
だんだん食欲がなくなり
3月になる頃には大好きなちゅーるもほとんど食べなくなってしまいました。

P2280192g.JPG
2月28日撮影

今考えればここで諦めて自然に任せてあげればよかったんです。
ただ毎日一緒にいて撫でてあげればよかったんです。

でも、どうしても諦められず
毎日何回も嫌がる銀次に強制給餌をし、
亡くなる前日には鼻カテーテルも入れてしまいました。

結果銀次は私に甘えることはなくなり
みるみる具合が悪くなっていきました。

そして3月3日午前2時苦しんで苦しんで亡くなりました。

本当に最期の最期でやっと「もういいよ」って言ったけど
遅すぎたよね。

食べなくなったときにそこまで無理強いしなければ
もう少し一緒にいられたかもしれない。
最期まで甘えてくれたかもしれない。

銀次のことを考えると今も後悔でいっぱいになります。

P3050062g.JPG
てんてんさんからお花
祭(金太)と花火(玉三郎)ファミリーからはおやつとメッセージ
をいただきました。

お花とおやつは一緒に火葬してもらい
P3270052cg.JPG
後からfmさんにいただいたお花(真ん中の青い箱)は
みんなと過ごした猫部屋に飾らせてもらっています。


いつも一緒だった金太と玉三郎
PB250050kgt.jpg

とらじろーおじさん
P2090165tg.JPG
猫が嫌いなとらじろーも
銀次には何もしませんでした。

妹みたいなブンブン
P1110003gb.JPG

優しいピピにいちゃん
P2250022pg.JPG

P3040046pg.JPG
ピピはお見送りもしてくれました。

人も猫も誰とでも仲良くなれる
とてもかわいいいい子でした。

銀次への後悔は一生続くと思います。
でも、これがあったから小雪ちゃんは
余裕をもって見送ることができたのだとも思うのです。

銀次に、そして小雪ちゃんに
たくさんの応援やご支援ありがとうございました。

明日から4月。
銀次の分も1匹でも多くの猫を幸せにできるよう
また頑張りたいと思います。

かわいい銀ちゃん
大好きな銀ちゃん
P9300276g.JPG
本当にごめんなさい
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット